先輩社員紹介

true

総合企画室 秘書・企画係(平成28年6月取材時)

R.W

年収:非公開

  • これが私の仕事

    大学運営・改革を役員の間近で支える

    学長秘書として、学長のスケジュール管理や出張・会合の手配、来客対応、役員会議の運営などを担当しています。また、中期目標・計画、年度計画の策定や将来構想の立案などの企画業務にも携わっています。
    秘書業務にあたっては、学長がより仕事に集中できる環境づくりに必要なことは何かを主体的に考え、先回りして行動できるよう心がけています。また、総合企画室は役員との距離が近く、先生方の意向を受けた突発的業務が多いことから、臨機応変に対応する柔軟性が求められます。常に緊張感のある部署ですが、企画・改革の最前線にいるからこそ、大学が目まぐるしく変わっていく様を間近で見られること、そして自分もその変革の一端を担っているという意識を持てることがやりがいであり、醍醐味であると感じます。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    科研費説明会を開催し、新規採択率全国1位をサポート

    入職半年で、科研費の学内応募説明会を担当した時のことです。大教室の教壇に立ち、教員の先生方を前に長時間の説明を行うことになり、人前で話すことが苦手な私は大変なプレッシャーを感じていました。しかし制度への理解を深め、上司や同僚の前で発表練習を繰り返して積極的にアドバイスを求めることにより、説明会終了後のアンケートでは高評価を得ることができました。一橋大学は現在、科研費の新規採択率全国1位を11年連続で達成していますが、ごく僅かながらもその成果の一助となれたことに安堵と達成感を覚えました。
    この件に限らず、一橋大学では若手職員のうちから責任ある仕事を任せてもらえるため、大学の実績に貢献していると実感できる場面も多く、充足感を得られます。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    多種多様な業務に携わり、幅広い経験が積める環境

    もともと自分の出身校であり、大学や街の雰囲気を気に入っていたため、在学時からこの環境で働けることに魅力を感じていました。また大学改革が叫ばれる中で、母校でも今後様々な改革が進められていくと考えたとき、自分が直接その場に関わり、大学をより良くしていくサポートができる点にも惹かれました。
    そこで大学職員について詳しく調べていくうちに、その業務の幅広さを知り、希望職種・業務をなかなか絞り切れなかった私にとって、それが志望の決め手となりました。入職後、実際に異動を経験して改めて実感しましたが、大学の仕事は本当に多種多様で、だからこその苦労もありつつ、次々と新しいことを学んでいける面白さもあり、日々新鮮な気持ちで業務に臨めています。

これまでのキャリア研究協力(9ヶ月)→法規(7ヶ月)→評価(1年8ヶ月)→秘書・企画(現職:今年で2年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

「なぜ?」「どうして?」という自問自答を繰り返し、自分自身について深く掘り下げて考えることが大切だと思います。私は自問自答を通じて意志・思考を整理できたため、自分に合った職場が見つけられ、また苦手意識のあった面接でも、落ち着いて自分の言葉で話すことができました。就職活動では焦る気持ちもあることかと思いますが、まずは自分とじっくり向き合うことから始めてみてください。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー

他の先輩社員を見る

  • 学生(留学生多数)に対する教務・学生支援業務

    true

    千代田キャンパス事務室 総務係(平成29年6月取材時)

    O.S
  • システムの面から大学運営をサポート!

    true

    情報基盤センター情報推進課 情報企画係(平成29年6月取材時)

    F.T
  • 海外留学へ挑戦する学生の出願から帰国までをサポート

    true

    学務部国際課 学生交流係(平成29年6月取材時)

    R.Y
  • 大学全体とかかわる仕事。年度計画の作成を担当

    true

    総合企画室 秘書・企画係(平成29年6月取材時)

    A.T
  • 学生や教員対応の総合窓口!教務に関するあらゆるインフラをサポート!

    true

    学務部教務課 教務第一係(平成28年6月取材時)

    T.S
  • 予算から決算まで。お金の面から大学の経営に関わる仕事

    true

    財務部財務課 財務係

    Y.W
連絡先:
〒186-8601
東京都国立市中2-1
国立大学法人一橋大学総務部人事課人事係
TEL:042-580-8023